読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで見つけた気になる商品

ネットで見つけた気になる商品やサービスの記事を書いています

国産アガリクス:姫マツタケ【ABPS】

アガリクスはたくさん種類があります。

知りませんでした・・・・。


その中で、弊社の使用するアガリクスはヒメマツタケのみ


国内外で50回以上の研究発表(1980~2003年)!
専門雑誌に研究発表!と、
科学的根拠に裏付けされた菌株から栽培しています。

 

ヒメマツタケの力で諦めずに戦う人を応援したいと考え、
栽培から製造まで自社で行い、30年以上販売を続けています。


このヒメマツタケを、飲みやすい顆粒タイプに仕上げたのが

【ABPS】です。

 

◎成分の違い
アガリクス」という名称が一人歩きしています。
アガリクスは200種以上あり、マッシュルームも実はアガリクスです。
効果があるアガリクスは、 アガリクス・ブラゼイ・ムリルを指します。
この和名がヒメマツタケです。


この度、新商品の7日間トライアルセットを販売いたします。


私は、アガリスクって1種類のキノコのことだと
思っていました。

そうしたら、違うんですね。

実は、37種類もあってその中で、唯一科学的根拠が
あるキノコ、それが「ヒメマツタケ」なんです。

ですから、アガリスクを買おうと思っていらっしゃる方に
正しい知識で商品を選んでいただきたいと思い、こちらを
紹介させていただきます。

 

ヒメマツタケの研究は、1965年の日本上陸以来盛んに行われ、
2000年代前半には「研究され尽くした」といわれるほどに

なりました。
 現在、β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体を始めとした、

ヒメマツタケに含まれる成分の有用性は、科学的に証明されています。

 

日本食菌工業のヒメマツタケ(アガリスク)はここが違う。

 

・国産(沖縄県産)ヒメマツダケ100%使用
 ヒメマツタケの力を惜しみなく摂取

 

・ヒメマツタケ(アガリスク)の選び方
 注目ポイント1 サイズ
 
 大きいと小さいはどっちがいいの?

 【実は】サイズの違うヒメマツタケ(アガリクス)ですが、

どちらも同じ品種です。
より良い物を選びたい時、どちらのヒメマツタケ(アガリクス)の

方が良いか?

それは、「小さい方」です。
なぜ小さい方がいいのか?
小さい物は、栄養分がギュッと濃縮されている状態です。

例えば、フルーツの大きいサイズの物を食べた時、大味で薄い味だ

と感じたことはありませんか?
ヒメマツタケ(アガリクス)も同じで、傘の広がっているものは

栄養が薄まっている状態です。
キノコ類は繁殖の為に胞子を飛ばします。

この胞子は、傘が開くことで拡散します。
つまり、傘が開く前というのは、拡散する為のエネルギーを

蓄えている状態なのです。
 傘が閉じている生命力が高い状態が、1番食べるのに

最良の時と言えます。

 

・注目ポイント2

 栽培環境

 

【実は】キノコ類は成長の際、土壌の影響を受けやすい植物です。

大地が汚染されていたら、その影響をダイレクトに受けてしまいます。

また、天気にも左右されます。
 雨が降らない時は、スプリンクラーを撒くなど、露地でも対策は

取れますが、「すべてが高品質」なヒメマツタケ(アガリクス)へ

育つことは難しいでしょう。

10本中1本が良く育った物だとして、サプリメントにする際は1

0本とも使っていては、 サプリメントの品質も下がるでしょう。

毎日、毎年常に同じ品質でお届けする為には、 デリケートな

ヒメマツタケ(アガリクス)は、露地栽培よりハウス栽培の方が

適しています。

栽培環境にも注意して選ぶ必要があります。

 

科学的な根拠に裏付けされた「ヒメマツダケ(アガリスク)」

 

ABPSに使用しているヒメマツタケは、ハラタケ属のキノコの1種で、
学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といいます。
1965年にブラジルから日本に上陸して以来、ヒメマツタケに関する

研究は様々な機関で行われ、 国内外での研究発表は50回

(1980年~2003年)を超えています。
そして、今日に至るまで各種学会や専門誌で研究発表が

続けられています。
ABPSは、科学的な根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を

使用したサプリメントです。


健康維持に役立つキノコとして注目されている「アガリクス」。
これは、「ハラタケ属」というキノコの分類を総称する言葉で、

世界中で200種類以上のアガリクスが存在します。


 私たちに馴染み深いマッシュルームも、「ハラタケ属」であり、

実はアガリクスのひとつなのです。


つまり、「アガリクス」という表記だけでは、数百種類の

ハラタケ属のどのキノコを指しているのか、厳密にはわからない、

ということになります。


 選んでいただきたいのは、長い間研究が続けられ、科学的な根拠が

豊富なヒメマツタケです。


 裏付けのあるヒメマツタケを日々の生活に取り入れ、はつらつと

生きていくために、ぜひお役立てください。


β-グルカンは、イキイキとした人生をサポートする成分として

注目を集めている成分です。


ヒメマツタケには、キシログルカン、
β-ガラクトグルカン、ペプチドグルカンなど、
 多様な成分が含まれています。


その中でも、ヒメマツタケだけに含まれる
成分:β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体
が、はつらつとした生活を取り戻す鍵です。


これまで、ヒメマツタケに含まれる
β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体は、
 堅い細胞壁に守られており、
 利用するのが難しい成分だとされていました。

 

ABPSは、β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体が
 よりスムーズに体内に吸収されるようヒメマツタケの細胞壁を砕き、
パウダー状にしました。
 細胞壁が砕かれることで、食物繊維の一種であるキチン質なども、
 体内に取り入れることができます。


購入をお悩みなら、ぜひ一度お試しセットで
違いを実感してください。

 

下記からご覧ください。